テレビで紹介された料理レシピ

【キューピー3分クッキング】のり巻き(「きゅうり+アナゴ」と「辛子明太子+アボカド」)のレシピ(作り方)(4/29放送)

2019年4月29日の「キューピー3分クッキング」で紹介されたのが「のり巻き」です。

のり巻きは作るのが難しいイメージがありますが、巻き方をしっかりすれば誰でも簡単に作れます。

また、のり巻きの魅力は身近な食材で簡単に作ることができるという点でもあります。

今回は「きゅうり+アナゴ」と「辛子明太子+アボカド」でご紹介しておりますが、他の食材を使ってもOKです。

自分の好物や、その日安い食材などを活用して色々な種類ののり巻きを作ってみてください。

のり巻き(2種)のレシピ

材料(4人分)

・米→2号
・水→380ml

・焼きのり(全形)→4枚

・刻みアナゴ→80g
・きゅうり→1本(約70g)

・辛子明太子→1腹(約50g)
・アボカド→1個(200g)
・マヨネーズ→大さじ2と1/2

(A)
酢→大さじ3
砂糖→大さじ2
塩→小さじ1と1/3

作り方

①洗ったお米を炊飯器に入れて、お水を入れたら30分間浸水させてから炊き始める

②調味料(A)を加えてすし酢を作る

③きゅうりは半分に切ってから5mmほどの細切りにして、アナゴはふんわりラップをして電子レンジ(500W)で40秒ほど加熱する

→アナゴは刻みアナゴが市販品にあるので、そちらを利用するとお手軽です。
もちろんアナゴを切って用意してもOKです。

④アボカドは8等分に切り、辛子明太子は薄皮を取り除いておきます

⑤炊き上がったお米を飯台(おひつ)に入れて、すし酢を上から回しかけて切るようにしゃもじで混ぜる

→炊き上がったお米にすし酢を吸い込ませるように混ぜるのですが、その際にご飯粒を潰さないように気を付けてください

⑥全体にすし酢が行き渡ったら、うちわで仰いで冷ましていき、荒熱が取れたらご飯を4等分にする

⑦巻き簾に置いた焼きのりの上にご飯の4/1を乗せて全体的に均等に広げていき、酢飯の中央にきゅうりの半分を乗せて、その上にアナゴを乗せてから巻いていく。これを二回行う

→この後巻いていくので、ご飯を乗せる際には奥の方は5cmほど開けておきましょう。
巻く際には巻き簾を手前からひと巻きしてからギュッと締めてから最後まで巻くと綺麗に巻いていくことができます。

⑧同様に焼きのりの上にご飯の1/4を乗せたら、今度は明太子をの半量を塗り、その上にアボカドの半量を並べてからマヨネーズを半量乗せていき、同様に巻く。これも二回行ってください。

⑨1本の巻きずしを8等分してお皿に乗せて完成です

→巻き寿司を切る際には包丁を濡らしてから切ると、綺麗に切れます。

まとめ

のり巻きは色々な種類の具材を使うことができるので、作るのも楽しいレシピです。

「巻き簾」や「飯台」などを用意しないと作れないというのが難点ですが、最近では「巻き寿司セット」として飯台と巻き簾としゃもじがセットになっているものもたくさんあります。

簡単に作れるので今後作ろうかなと考えている方は、こちらを購入すると良いと思います。

美味しくて様々な具材で作れるので飽きがこないという魅力もあるので、献立に悩んだら是非作ってみてください。