テレビで紹介された料理レシピ

【キューピー3分クッキング】ふきとわかめと鯛の土鍋ごはんのレシピ(作り方)(4/11放送)

2019年4月11日、日本テレビ「キューピー3分クッキング」で紹介されたのが「ふきとわかめと鯛の土鍋ごはん」です。

春の定番食品であるふきと、鯛の美味しさがたっぷり味わえるご飯となっています。

さらに土鍋で炊くのでお米本来が持つ美味しさも十分に際立ちます!

ふきとわかめと鯛の土鍋ごはんのレシピ

材料(4人分)

・鯛のアラ→400g(ぶつ切り)
・塩→小さじ1

・米→2合
・昆布→10cm
・水→2カップ

・ふき→2本(150g)
・わかめ→20g

(A)
・塩→小さじ1/2
・しょう油→小さじ1
・酒→大さじ2

作り方

下準備
昆布10cmと水2カップを1時間以上漬けておく

①鯛のアラは、鱗が残っている可能性もあるので、まずは包丁の裏などで鱗を完全に落とす

②水でサッと洗った後に塩を降って15分ほど置き、その後に水気を拭き取った後にグリルで6~7分焼く

③お米は洗った後にザルに上げて水気を切り、土鍋に入れて昆布だしを1カップ分(200cc)と昆布入れて、米を30分浸水させる

残りの100ccは別で使うので取っておいてください

④その間に、ふきに塩をふって板ずりをする

こうすることで茹で上がった時に綺麗な緑色になりますし、ふきに傷が付くことでアクも出やすくなります

⑤塩をつけたまま熱湯に入れて、持った時に少ししんなりするまで茹で、その後冷水に浸ける

⑥そして冷めたものから順に皮を剥いていく

切り口から回転させながら少しずつ皮を向き、最後にまとめて引っ張ると綺麗に剥けます。また、逆から再度皮を剥くと、剥き残しもなくなります。

⑦ふきの水気を拭いて斜め薄切りに切り、5分ほど水に漬けたワカメを入れて先程残しておいた昆布だし100ccと(A)で煮る。

⑧サッと味付ける程度に煮た後に、ザルに濾して煮汁と具材分ける

具材を乗せた皿には蓋をしておき、乾燥しないようにしておく

⑨煮汁は再度計量カップに戻して1カップにして、土鍋に入れ、昆布を1度取り出してから軽く混ぜ合わせる。

1カップに満たない場合は水を加えて1カップにする

⑩焼きあがった鯛を土鍋に入れて、昆布を再度入れてから蓋をして強火にかけて煮立った後に弱火で15分、その後火を止めて10分間蒸らす

⑪炊き上がったら昆布と鯛を取り出し、先程取り出した具材(ふきとわかめ)を入れて、再度蓋をしておく

こうすることで、ふきとわかめの風味がご飯に染み込みます

⑫取り出した鯛は、ほぐしていき骨を取り出していく

皮も美味しいので皮は取り出さないようにします

⑬そして土鍋に鯛を入れて全体に混ざるように混ぜていき、盛り付けて完成です

まとめ

今回はふきとわかめと鯛の土鍋ごはんをご紹介しました。

鯛のとわかめの風味と春らしさが感じられるふきの香りが食欲をそそります!

春だからこそ楽しめるご飯となっていると思います。

土鍋はちょっと難しいイメージがあるかもしれませんが、短時間でお米が美味しく炊きあがるので是非とも1度やってみてはいかがでしょうか?